男の育休取得したので感想と育児について色々

1ヶ月半前くらいに娘が生まれました。

で、まだまだ世間的には珍しいであろう男性が育休を取るという経験をしたので思ったこととか書いておこうと思います。ちなみに今週から復職しております。

育休をとった理由

産後の妻のサポートです。育児というより家事をしてた。

うちは上京した者同士家庭なので実家が近くになくて親のサポートが受けられないので、育児は基本的にすべて自分たちでやらないとダメです。なので、産後のダメージ(人にもよるんだろうけど、うちの妻は3週間くらいあまり動けなかった)から回復するまでの間、買い出し、食事の準備、掃除、洗濯とかの基本家事をやってました。まだ1人目の子どもということで育児自体に対する人員は、正直2人はいらんかなあという感じでした。

あと会社でせっかく推奨してくれてるので取ってみたかった。

育休をとってよかったこと

よかったなあと思ってこと書いていく。

子どもがかわいい

かわ!いい!ただ、あっという間に成長していくので本当に生まれたての期間を近くで見れてよかった。

育児に当事者意識が出る

やっぱり自分でいろいろやることになるので圧倒的当事者意識が芽生える。ただ行き過ぎると育児方針で揉めるのでほどほどにw

精神的不安が和らぐ

第一子の場合は色々わからないので色々不安になります。やれ便秘になっただの、ミルクをあんまり飲まないだの、まあ、いろいろある。そのときに2人で相談できるのはよかった。不安のほとんどは育児あるあるっぽいので、なんやかんや相談して対処していけば大丈夫なのだけど、相談相手いないと若干きつそうと思った。

もちろん育休取らなくても相談には乗れるけど、やっぱり当事者意識感が違う。

妻の実家からの評価がうなぎのぼり

これは家庭によると思いますがうちはそうだった。

育休をとってよくなかったこと

特にないけど強いてあげるなら。

仕事から離脱することになる

うちの会社は育休推奨なのでぜんぜんそんなことなかったけど、社風によってはよく思われなかったりするのかなあと思った。あとそもそもの仕事大好き人間にはツライ。

働くのがイヤになるw

育児と家事しかせず、家からもほとんど出ない生活になるのでどんどんニート化していくw復帰できるか心配だったがなんとか出来た。出来てるかな。

育児休業給付金

※もしかしたら違ってるかもなので良く調べてください

ちゃんと雇用保険に加入していれば「育児休業給付金」というものがもらえます。月給の2/3、上限約28万円まで出る。払ってばっかだともったいなのでここぞばかりに使いましょう。

もちろん多少の減収になりますが、せいぜい数十万のはずです。海外旅行にでも行ったと思いましょう。あと基本家からでないのでお金使わなくなるのであんまり心配しないで大丈夫。

育児で使ってよかったサービス

ネットスーパー各種

家から出たくない!でも食材がない!というときに使いまくりました。これがあればギリ1人でも子育てできるかもって思った。スーパー以外もアマゾンとかで買い物しまくった。

区の助産師派遣サービス

どこでもやってるか知らないですが大田区はやってます。助産師の人が家庭訪問してくれていろいろ話きいてくれる。やっぱりいろいろわからないことや不安なことがあったのいろいろ聞けてよかった。

妻に精神的につらくないか的な質問してて、やっぱ世の奥様方は精神的に参ってしまう人もいるのだなあと思った。たしかにずっと子どもと1on1はうわー!!ってなるかもって思った。

小児救急電話相談

www.mhlw.go.jp

厚生労働省がやってるやつ。なんかやばそう!でもわからん!ってときに使える。専門家に相談できるから安心する。ありがとう厚生労働省

育児環境について

待機児童の問題とかがいっぱい報道されてるので環境が悪いイメージあったけど、上記、区の助産師派遣サービスとか電話相談とかお国がいろいろしてくれてるなあと思った。

あと、大田区は中学生まで医療費無料で、なにそれヤバイって思った。

他にも子ども手当月1万5千円とか、無認可保育園にしか入れなかったら月1万円とかめっちゃ子育てサポートされるやんって思った。

育児は大変か

正直、いまのところぜんぜん大変ではない。昼夜問わず3時間おきくらいに授乳なので眠いけど、大変かといわれるとそうでもない。たぶんもっと動いたりするようになったら大変になる気がしている。

まとめ

まだまだ男の育休取得率は低いらしいですが、環境が許すなら是非取ってみたらよいかと!

こども!かわいい!!

ゴールデンウィークとかに読んだ本を紹介していく

ゴールデンウィークは9連休だったのですがもう終わりです。かなしみ。

今年のゴールデンウィークは妻が妊娠中のこともあり、わりと本を読んだ。あと、電車通勤になってから本を読むことが増えた。

自分の本の選び方は、本屋でジャケ買いが多いのだけど、そうすると、まあ、あたりはずれが多い。

だので、たまに本のオススメエントリなんかがあるととても嬉しいし、それが知人だったりするとなお良い。他にも同じことを思っている人がいるかもしれない。

そんなわけで最近読んだ本で面白かったやつを紹介していく。

KitchHike(キッチハイク)

キッチハイク!  突撃! 世界の晩ごはん

キッチハイク! 突撃! 世界の晩ごはん

無茶な旅をしたくなる本。無茶な旅大好き!!

キッチハイクというサービスの社長であるところの山本さんが書いた本。キッチハイクは料理を振る舞いたい人とそれを食べたい人をつなぐプラットフォームで、ぼくもたまに使うのだけど、この本は実際に世界中の食卓にお邪魔して、料理を振る舞ってもらうという紀行モノ。

山本さんの料理に対する表現がおもしろいし、ハプニングだらけの旅が読んでいてワクワクする。旅に出たくなります。無茶な旅いいよなあ、無茶な旅。

本編とはまったく関係ないのだけど、「大人 = いつでも機嫌の良い人」っていうのがささった。いつでも機嫌の良い人でいれたらなあと思う。

銃・病原菌・鉄

銃・病原菌・鉄 上巻

銃・病原菌・鉄 上巻

人類史モノです。歴史の結果として、ヨーロッパ人が世界を征服しているけれども、なぜそうなったのか。その超直接的原因は、銃と病原菌と鉄を持っていたからである。では、なぜヨーロッパ人はその3つを持つにいたったのか、ということを長々と書いてある本です。これだけ聞くと小難しい感じしかしないのですが、普段考えないようなことがバンバン出てくるので面白いです。かなりの長編だけど完読できました。

サピエンス全史

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

「銃・病原菌・鉄」で人類史熱に火がついた。こっちはなんでホモ属のサピエンスという種がここまで世界を征服できたのか、そして我々は今後どこに向かっていくのかというお話です。「銃・病原菌・鉄」がハードウェアっぽい話だとすると、「サピエンス全史」はソフトウェアっぽい、つまりサピエンスの精神的な部分について多く書いてある感じで、いろいろと考えさせられました。銃・病原菌・鉄」、「サピエンス全史」この2冊を読むと自分がちっぽけな存在に感じるので、最近調子にのってんなーってときに読むと良いと思います!

ゼロからトースター作ってみた結果

ゼロからトースターを作ってみた結果 (新潮文庫)

ゼロからトースターを作ってみた結果 (新潮文庫)

ジャケ買いした。

たまに思うんですよね。明日、大多数の人類が死んだら、鉄とか自分でつくれねぇなあって。おんなじようなことを思ったイギリスの美大生がゼロ(鉄鉱石を掘ったりするところ)からトースターを作るお話です。こういうねー、無茶する話は好きなんですよねえ。無茶って、やる前は無茶だなあって思うけど、やりはじめると意外といけちゃうじゃないですか、無茶っていいなあ。

この本と前に挙げた、人類史の2冊が微妙にリンクするようなしないようなで興味深いです。セットで読むと良いと思います。

逆説のスタートアップ思考

逆説のスタートアップ思考 (中公新書ラクレ)

逆説のスタートアップ思考 (中公新書ラクレ)

有名なあれ。とりあえず読んでおく。とりあえずおもしろいけれど、こういうのって本が出る頃にはその考え方は既に陳腐化しているような気もするから、この本を100%信じてスタートアップを立ち上げてもたぶんうまくいかないと思う。短期間での歴史モノくらいな気持ちで読んだ。

インベスターZ

インベスターZ(1)

インベスターZ(1)

ゴールデンウィークだからなのか、Kindle版がめっちゃ安売りしてたからまとめ買いした。投資の話がマンガでわかって面白い。このおれに株をちょっと買ってみようかなって思わせるからよく出来た話だと認定した。

読むだけ禅修行

読むだけ禅修行

読むだけ禅修行

ドイツから出家してきた変態僧侶の書いた本。なんとなく読んで、なんとなく禅について理解できた気がする。

トランプ大統領で「戦後」は終わる

どっかにオススメされているのを見てかった。まあ、そうなん?って感じ。ちょっと長いWebの記事を読む気持ちで読めば楽しめる。

まとめ

ということで適当に紹介しておきました。前半あ3冊はけっこうオススメです。

KitchHikeでCookを2回やってみた感想

f:id:eiei19:20170218181434j:plain

本題とぜんぜん関係ないけど、今年は意識的にブログを書いていこうと思っている。

eiei19.hatenablog.com

で、本題のKitchHikeのCookの話。ここで書いたように、実際にCookをやってみた。

ちなみにKitchHikeは料理を振る舞いたい人と、食べたい人をマッチングさせるプラットフォームで、その料理を振る舞う側をCook、食べる側をHikerといて、開催される食事会のことをPopupといいます。で、KitchHikeのCTOの方と飲んだことがきっかけでHikerとして参加 => 餃子とワインの会開催=> キリタンポの会開催となかなかヘビーに使ってたので、せっかくだから感想を書いておこうと思います。

ja.kitchhike.com

ja.kitchhike.com

友だちの友だちに会うのは良い

最初のPopupということで、当初まったく人が集まらなかった。こりゃ、このままじゃ開催できねーぞってなって、友だちに来てもらったり、その友だちも連れてきてもらったりなんかしてなんとか開催することができた。2週連続で参加してくれた人もいて感謝するばかり。

友だちの友だちに会う機会って意外となくないですか?まああるとして合コンなんですけど、いきなり何の文脈もなく、友だち紹介するねってなることあんまりないよなあと。

ぼくはPopupを家で開催していたのだけど、友だちん家に連れて行くとなると、たぶんなかなか気を使うと思うし、結果、仲の良いちゃんとした(?)友だちを連れてきてもらっていたように思いました。そんな友だちの仲の良い(リファラル的にスコアが高い)友だちを連れて来てもらって、みんなでワイワイご飯食べるのは、まったく違う世界の人じゃなくて、微妙に共通点を持ちつつ、普段あんまり触れない価値観や世界を知れてとても良かったです。

(あたり前だけど)人に料理を出すのって大変だ

当たり前だけど、料理を提供して楽しんでもらうのって大変でした。大人数になるとどのくらいの食材買ったらいいのかもわからないし、調理してサーブするのは忙しなくてなかなか大変だった。

学生のときにウェイターのバイトはやっていたこともあったけど、メニューを考えて、集客して、仕込みをして、調理して、お客をもてなすって本当に大変なことだ。世の中の飲食店経営者を尊敬する。

ぼくはけっこう甘く見ていたところがあって、ぶっつけ本番でいこうと思っていたのだけど、妻にゼッタイ練習したほうが良いと言われて、2回ともしっかり試作をした。そのおかげで、 2週連続で餃子、2週連続でキリタンポになったけど、家族以外の誰かが食べることを想定して料理をするってのは、なかなかクリエティブな作業だったように思う。

KitchHike使いづらいwww

非常に申し上げにくいのですが、サービスにいろいろ改善ポイントがあると思います。けっこう色んな所バグってるし、デザイン崩れもけっこうある、導線的にもスムーズとは言いにくいwなによりこのスマホ時代にアプリがないっていうのがキツすぎるw

あとは利用ユーザ。もう少し裾野を広げるような施策を打っていかないと、料理研究家っぽい人のお料理教室プラットフォームになってしまう気がしている。料理提供側のレベルが高すぎて、ぼくみたいな「家でみんな飯でも食いましょうやー」みたいなノリの人が開催しにくい雰囲気がある。それはそれで良いのかもしれないのだけど、ぼくとしてはもっと気軽に開催されているご飯会に、気軽に参加したいなあと思っている次第です。

この辺は最近採用もしてるみたいだし期待している。CTOの藤崎さんは下の記事を見ればわかる通り、いろんな意味でぶっ飛んでいる人なので、入ったら楽しそうだなあと思います!!誰か入って直してほしいw

www.wantedly.com

今日はこんなところです。

KitchHikeでご飯を食べてきたよ、あと、ご飯会を開催します

めちゃくちゃ久しぶりにブログ書きますが、この週末、KitchHikeというサービスを使ってご飯を食べてきました!

KitchHikeは、ご飯を作って振る舞いたい人と人の作ったご飯を食べたい人をマッチングさせるサービスです。ローンチ自体は結構前で、存在自体は知っていたのですが使うには至らずだったのですが、この前の中の人と飲みに行ったこともあり使ってみることに。

食品関係の会社で働いてる嫁に話したらとても気になるとのことでお供につれていきました。というか、最後の方はぼくがお供にみたいになってました。どの会に行くのも決めたのも嫁だし。

フィンランド料理を食べる、感想とか

ja.kitchhike.com

嫁は北欧大好き系女子というわけでもないのですが、さすがは北欧のコンテンツ力というところなのか、フィンランド料理を食べてきました。手料理に4,000円とは強気な値段設定よのう、などとも思いましたが、結果的には、とてもおいしくて、4,000円の価値はありまくりでした。

参加者は、今までみたことのない独特な雰囲気(グルメクラスタでもない、料理クラスタ?)、cookpadのオフ会とかやったらこんな感じなのかなあとか思いました。業種もバラバラだし別にインターネッツの人って感じでもない。ただやはり女性は多い。実質男は自分だけだった。

開催側のハードルはちょっと高いかなあって思いました。参加者の方に、開催はしないんですか?って聞いても、いえいえ滅相もございません!あっしなんてそんな開催する程の者じゃありんせん、みたいな反応でしたし、ぼくも実際サイト見たりホストの方と話したりした結果、いえいえ滅相もございません!あっしなんてそんな開催する程の者じゃありんせん、って思いました。

でも、やりまーす。餃子×ワインの会

f:id:eiei19:20170205182956j:plain

と思ってたのですが、家にダイニングテーブルが届いて嬉しいので開催することにしました。

嫁と一緒に、どんな企画なら我々の腕でもそれなりに見えるコンテンツ力の高い料理が作れるかという家族会議を開催した結果、「餃子のガッツリ感で男子の胃袋をガッチリと、ワインの雰囲気で女子のハートをガッチリと」というとても安易な発想で、餃子×ワインの会を開催することにしました。試作もしたのでバッチリです。興味あればご参加ください。

ja.kitchhike.com

ぜんぜん関係ないのですが、夫婦でいっしょに料理考えるのは良いなと思いました。結婚前の相性を判断するアクティビティとしてやってもいいくらい。

現場からは以上です。

ServiceSafariのアプリを出しました

趣味でわいわい開発しているサービスがありまして。それのアプリを出しました!

www.service-safari.com

f:id:eiei19:20160526091305j:plain

最初作ったのが2年前でもう2年たつのかって感じなんですけど。

2年前 => Railsを出来るようになりたくて作った

今回 => iOS開発が出来るようになりたくて作った

という何か新しいことをやる場所にみたいになってますが、やっとリリースできたので興味あれば使ってみてください。ちなみにswiftで作ってます。

Service Safari

Service Safari

  • Kei Kinoshita
  • ニュース
  • 無料

初めて作ったのでところどころしょぼいのですがこれからちょっとずつアップデートしていきますのでご容赦ください。以下思ったことまとめです。

ビデオ教材便利

新しいプラットフォームなり、フレームワークなりで開発するときに何がツライかっていうと何を調べたらいいのかわからないことだと思います。調べることがわかってれば今はgoogle先生に伺えばだいたいのことがわかりますが、初見だととっかかりがわからなくてムダに時間くったりするわけです。なので今回は金にモノを言わせて下のビデオを買いました。

www.udemy.com

このビデオは24,800円もするんですけど、xcodeの使い方とか基本的なことがとてもよくまとまっていて、とっかかりを得るにはとても良かったです。24,800円をどう考えるかは人それぞれだと思うのですが、自分的には、まあ、妥当かなあって感じでした。

2倍速再生の機能がお気に入りで、アプリ自体は朝活だけで作ったんですけど、最初のころは早起きしてひたすら見てました。あと寝る前とかも。最近は学ぶ意欲さえあればこーゆー使ってどんどんできるので本当にいい時代になったなあって思います。

swift ( ・∀・)イイ!!

この顔文字を死顔文字なのかもしれませんがswift( ・∀・)イイ!!です。自分としてはobjective-cの独特な書き方がとても苦手で。今までiOS開発しようと思うと、xcodeの感じとobjective-cの両方いっぺん慣れる必要があったのでそのへんが辛かった。swiftになったことでその辺がいっきに解消されてやっと手を出す気になれました。ありがとうswift

まだまだ発展途上の言語なのでバージョンによる差が激しいのが難点かなって思ったことがボクにもありましたが、xcodeさんがいい感じ補完してくれるのであまり苦にならなかったです。

appleの審査が意外と早かった

最近早いみたいですね。レビューに出すとだいたいその日の深夜に動きがあり、翌朝にそれを見て対応するという感じでけっこうテンポよく進みました。ただ審査自体は初めてということもありけっこう手こずりました。iTunes Connetの使い方わかってなかったり。

まとめ

iOS開発を習得できたのでよかったです!ずっとWeb開発しかやってこなかったので楽しいし世界が広がった気がしました。やってみたらけっこう簡単だったしもっと早くやればよかった。

iPhoneアプリで開発 / 本番で設定ファイルを分ける

最近ついに重い腰をあげてiPhoneアプリ開発を始めました。XcodeまわりがWeb系と大きく違うのでしょっちゅうはまりながらも頑張ってます。

しょっぱな気になったのが開発と本番での設定の分離方法です。APIのURLとKEYとかFacebookアプリのIDとかね。Railsだとdevelopment.ymlとprodcution.ymlとかで分けて書くことができますがiOSだとどうやるんだべって話です。

iOS開発のenvironment(development, production)設定 - Qiita

ここを参考にさせてもらったのですがちょっと端折られてて初学者だとそもそもXcodeのボタン配置とかでけっこう戸惑ったのでまとめておきます。

Build Configuration作成

既存の設定をコピーする形で新しい設定を作ります。最初から「Debug」「Rlease」があります。+ボタンを押して以下の通り作成します。

  • 「Duplicate Debug Configuration」→「Dev-Debug」
  • 「Duplicate Release Configuration」→「AdHoc」

Dev-Debugがシミュレーター用、AdHocが実機配布用だと思います。たぶん。

f:id:eiei19:20160412092555p:plain

info.plist作成

既存のInfo.plistをコピーしてDev-Info.plistみたいなのを作っておきます。これが開発用の設定ファイルになります。で、これをさっき作った「Dev-Debug」「AdHoc」の2つの設定が見に行くようにします。

f:id:eiei19:20160412093455p:plain

スキーム作成

画像の赤線を引いたとこ -> Manage Schmes で設定画面を開きます。

f:id:eiei19:20160412093812p:plain

Build Configuration 以下の用に変更します。

  • 「Run」⇒「Dev-Debug」
  • 「Test」⇒「Dev-Debug」
  • 「Profile」⇒「AdHoc」
  • 「Analyze」⇒「Dev-Debug」
  • 「Archive」⇒「AdHoc」

f:id:eiei19:20160412094223p:plain

終了

以上で終了です。AdhocにはProvisioning Profileとかいうのを設定しないといけないっぽいけどよくわからないので必要な時がきたらまた調べようと思います。とりあえずシミュレーターでやるならこれでOKでした。

ぼくがiPhone SEではなくiPhone 6sに機種変した理由

f:id:eiei19:20160328094648p:plain

2年とちょっと使ったiPhone 5sからiPhone 6sに機種変しました。けっこう迷ったんですけどSEではなく6sを選択した理由を書いてみます。同じように5s以前のモデルからどちらに変えようか迷ってる人の参考になればと!

画面のキレイさ

妻がiPhone 6を使っているのですが、RetinaHDのあのキレイさを見てしまうと正直ただのRetinaがしょぼく見えます。これは単純に画面の大きさがどうこうって問題じゃなくて画面を見ているときの気持ちよさがぜんぜん違う。4sで初めてRetinaが搭載されたときはすげーなって思いましたけど良いものが出てくると陳腐化してしまいますね。

新しいものを買ったという喜びが得られなそう

ローズゴールドが追加になったとはいえそれ以外の色を選んでしまうとパッと見はほとんどまんま5sなわけですよ。それなりに高いお金を払うわけですので、新しいガジェットを手に入れたという実感がほしかったです。まあ、素材が変わったり、カメラがキレイなったり、CPUがパワーアップしたりしてるので変化は体感できるのかもしれないですけど正直微妙ですよね。この点はapple的にも失敗だったんじゃないかな。

思ったより安くなかった

SEの噂が出てるとき廉価版4インチiPhoneって感じだったので期待していたのですが思ったより安くなかった。円安のせいなのか16Gモデル399$が52,800円、64Gモデル499$が64,800円ですよ?16Gなんて実質選択肢に入らないわけで64G買って消費税込みで69,984円です。6sの64Gは税込み106,704円ですから差額が36,720円。この差額と上2つの理由を比べたときにぼくはお金じゃなくて体験のほうを選びました。

余談

今回の機種変はソフトバンクの解約月が今月だったのでこのタイミングでした。ソフトバンク => iij mio。妻もちょっと前にiij mioに移転してたのでこれで家族格安SIM運用になりましたが圧倒的なコストの圧縮になりました。不便もぜんぜんないし大手キャリアは実質0円どうこうとかでワヤワヤやって場合じゃなくて、本気でいろいろ考えていかないと将来マジでヤバイんじゃないかな。