読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5人の彼女の父親会った経験から思ったこと書いていく

ぼくは通算で5人の彼女の父親に会っている。

いい歳になればなるほど、親との面会 = 結婚を意識、という式が成り立つので、だいたいの男は彼女の父親になんて最後の最後まで会いたくないはずだ。そういう背景を考えれば、5人の父親と会ったというのは平均と比べて多い方に分類されると思う。やはり回数を重ねるとどんなことでも経験値がたまるものだ。そんなたまった経験を世間様に還元しようと、彼女の父親に会うということについて思ったことを書いてみたい。

会いにいく目的をハッキリさせる

まず、最初に言いたいことは、彼女の父親と会う時は目的をハッキリさせておいたほうがいいということ。お付き合いしているから顔を見せにいくという程度なのか、それとも正式に結婚を申し込むための挨拶に行くのか。このあたりの温度感を彼女を通じて、しっかり相手方のお家に伝わるようにしておこう。そうしないと向こうもどういう心構えで待ち構えていれば良いのもわからないし変にワタワタさせてしまう。

ちなみにぼくはけっこうなんにも考えずにお宅訪問していたので、だいぶ気を揉ませてしまったじゃないかと大人になった今にして思えば申し訳ないことをしたなあと思っている。だけども若さというが無知というか、当時は特になんにも考えていなかったのでただただ遊びにいって、ご飯を御馳走になって帰ってきていた。

父親はだいだいコミュ障だと思っていたほうが良い

ぼくら(1985年生まれ)の父親世代なんてのはおうおうにしてコミュ障だ。今の男みたいに、やれ男も家事しろだの、やれイクメンだの言われずに仕事だけをしてきたような人たちばかりだ。そんな人生を送ってきたおっさんたちが、突然やってきた娘の彼氏と円滑なコミュニケーションなんてはかれるわけがない。なので、だいたいの場合、ものスゴイぶっきらぼうなコミュニケーションをとられて、ものすごい居心地のわるい思いすることになる。

当時は「ああ、やっぱり娘の彼氏ってのは気に入らないものなんだなあ」なんてことを思っていたけれど、よくよく考えてみるとただ単にコミュニケーションのとり方がわからなかっただけなのかもしれない。別にそれが悪いとは思っていないくて、彼らが生きてきた時代を考えればそれがその世代の一般的な親父ってもんなんだろう。

彼女の家族にはなるべく早めに会っておこう

最近では芸能界をやめて突然出家する女優さんもいて宗教ってものが特別なモノみたいになっているけれど、ぼくに言わせてもらえば宗教なんかより家族のほうがよっぽど宗教チックだ。しかも家族という宗教は経典もなければ、教えも明文化されていないので、自分の育った家族と彼女の育った家族で、どの考えが違って、どの考えが一緒になのかも完全に腹の探り合いをしなくてはいけなくなる。

日本は単一民族国家なので、そこまで個々の家の思想について違いはないと考えがちもしれないけど、きっとあなたが思っているよりも家族間の考え方のギャップは大きい。大抵はお互いの価値観を尊重しつつ、落とし所をみつけてうまくやっていくんだろうと思う。が、たまにどう頑張っても相容れない家族同士が存在する。自分の家族と彼女の家族がたまたま相容れない者同士だった場合は、速やかにお別れしてもっと合う子を探すことをオススメにしたい。この平成の時代に、家族がどうのこうの言うのは古いと思われるかもしれないけれどそんなことはない。合わないものは合わないのだ。

そんな部分を見定めるためにも相手の家族にはなるべく早く会っておこう。

書いてみると大した話はかけなかったけれど誰かの参考になれば嬉しい。今日はこんなところです。

KitchHikeでCookを2回やってみた感想

f:id:eiei19:20170218181434j:plain

本題とぜんぜん関係ないけど、今年は意識的にブログを書いていこうと思っている。

eiei19.hatenablog.com

で、本題のKitchHikeのCookの話。ここで書いたように、実際にCookをやってみた。

ちなみにKitchHikeは料理を振る舞いたい人と、食べたい人をマッチングさせるプラットフォームで、その料理を振る舞う側をCook、食べる側をHikerといて、開催される食事会のことをPopupといいます。で、KitchHikeのCTOの方と飲んだことがきっかけでHikerとして参加 => 餃子とワインの会開催=> キリタンポの会開催となかなかヘビーに使ってたので、せっかくだから感想を書いておこうと思います。

ja.kitchhike.com

ja.kitchhike.com

友だちの友だちに会うのは良い

最初のPopupということで、当初まったく人が集まらなかった。こりゃ、このままじゃ開催できねーぞってなって、友だちに来てもらったり、その友だちも連れてきてもらったりなんかしてなんとか開催することができた。2週連続で参加してくれた人もいて感謝するばかり。

友だちの友だちに会う機会って意外となくないですか?まああるとして合コンなんですけど、いきなり何の文脈もなく、友だち紹介するねってなることあんまりないよなあと。

ぼくはPopupを家で開催していたのだけど、友だちん家に連れて行くとなると、たぶんなかなか気を使うと思うし、結果、仲の良いちゃんとした(?)友だちを連れてきてもらっていたように思いました。そんな友だちの仲の良い(リファラル的にスコアが高い)友だちを連れて来てもらって、みんなでワイワイご飯食べるのは、まったく違う世界の人じゃなくて、微妙に共通点を持ちつつ、普段あんまり触れない価値観や世界を知れてとても良かったです。

(あたり前だけど)人に料理を出すのって大変だ

当たり前だけど、料理を提供して楽しんでもらうのって大変でした。大人数になるとどのくらいの食材買ったらいいのかもわからないし、調理してサーブするのは忙しなくてなかなか大変だった。

学生のときにウェイターのバイトはやっていたこともあったけど、メニューを考えて、集客して、仕込みをして、調理して、お客をもてなすって本当に大変なことだ。世の中の飲食店経営者を尊敬する。

ぼくはけっこう甘く見ていたところがあって、ぶっつけ本番でいこうと思っていたのだけど、妻にゼッタイ練習したほうが良いと言われて、2回ともしっかり試作をした。そのおかげで、 2週連続で餃子、2週連続でキリタンポになったけど、家族以外の誰かが食べることを想定して料理をするってのは、なかなかクリエティブな作業だったように思う。

KitchHike使いづらいwww

非常に申し上げにくいのですが、サービスにいろいろ改善ポイントがあると思います。けっこう色んな所バグってるし、デザイン崩れもけっこうある、導線的にもスムーズとは言いにくいwなによりこのスマホ時代にアプリがないっていうのがキツすぎるw

あとは利用ユーザ。もう少し裾野を広げるような施策を打っていかないと、料理研究家っぽい人のお料理教室プラットフォームになってしまう気がしている。料理提供側のレベルが高すぎて、ぼくみたいな「家でみんな飯でも食いましょうやー」みたいなノリの人が開催しにくい雰囲気がある。それはそれで良いのかもしれないのだけど、ぼくとしてはもっと気軽に開催されているご飯会に、気軽に参加したいなあと思っている次第です。

この辺は最近採用もしてるみたいだし期待している。CTOの藤崎さんは下の記事を見ればわかる通り、いろんな意味でぶっ飛んでいる人なので、入ったら楽しそうだなあと思います!!誰か入って直してほしいw

www.wantedly.com

今日はこんなところです。

KitchHikeでご飯を食べてきたよ、あと、ご飯会を開催します

めちゃくちゃ久しぶりにブログ書きますが、この週末、KitchHikeというサービスを使ってご飯を食べてきました!

KitchHikeは、ご飯を作って振る舞いたい人と人の作ったご飯を食べたい人をマッチングさせるサービスです。ローンチ自体は結構前で、存在自体は知っていたのですが使うには至らずだったのですが、この前の中の人と飲みに行ったこともあり使ってみることに。

食品関係の会社で働いてる嫁に話したらとても気になるとのことでお供につれていきました。というか、最後の方はぼくがお供にみたいになってました。どの会に行くのも決めたのも嫁だし。

フィンランド料理を食べる、感想とか

ja.kitchhike.com

嫁は北欧大好き系女子というわけでもないのですが、さすがは北欧のコンテンツ力というところなのか、フィンランド料理を食べてきました。手料理に4,000円とは強気な値段設定よのう、などとも思いましたが、結果的には、とてもおいしくて、4,000円の価値はありまくりでした。

参加者は、今までみたことのない独特な雰囲気(グルメクラスタでもない、料理クラスタ?)、cookpadのオフ会とかやったらこんな感じなのかなあとか思いました。業種もバラバラだし別にインターネッツの人って感じでもない。ただやはり女性は多い。実質男は自分だけだった。

開催側のハードルはちょっと高いかなあって思いました。参加者の方に、開催はしないんですか?って聞いても、いえいえ滅相もございません!あっしなんてそんな開催する程の者じゃありんせん、みたいな反応でしたし、ぼくも実際サイト見たりホストの方と話したりした結果、いえいえ滅相もございません!あっしなんてそんな開催する程の者じゃありんせん、って思いました。

でも、やりまーす。餃子×ワインの会

f:id:eiei19:20170205182956j:plain

と思ってたのですが、家にダイニングテーブルが届いて嬉しいので開催することにしました。

嫁と一緒に、どんな企画なら我々の腕でもそれなりに見えるコンテンツ力の高い料理が作れるかという家族会議を開催した結果、「餃子のガッツリ感で男子の胃袋をガッチリと、ワインの雰囲気で女子のハートをガッチリと」というとても安易な発想で、餃子×ワインの会を開催することにしました。試作もしたのでバッチリです。興味あればご参加ください。

ja.kitchhike.com

ぜんぜん関係ないのですが、夫婦でいっしょに料理考えるのは良いなと思いました。結婚前の相性を判断するアクティビティとしてやってもいいくらい。

現場からは以上です。

ServiceSafariのアプリを出しました

趣味でわいわい開発しているサービスがありまして。それのアプリを出しました!

www.service-safari.com

f:id:eiei19:20160526091305j:plain

最初作ったのが2年前でもう2年たつのかって感じなんですけど。

2年前 => Railsを出来るようになりたくて作った

今回 => iOS開発が出来るようになりたくて作った

という何か新しいことをやる場所にみたいになってますが、やっとリリースできたので興味あれば使ってみてください。ちなみにswiftで作ってます。

Service Safari

Service Safari

  • Kei Kinoshita
  • ニュース
  • 無料

初めて作ったのでところどころしょぼいのですがこれからちょっとずつアップデートしていきますのでご容赦ください。以下思ったことまとめです。

ビデオ教材便利

新しいプラットフォームなり、フレームワークなりで開発するときに何がツライかっていうと何を調べたらいいのかわからないことだと思います。調べることがわかってれば今はgoogle先生に伺えばだいたいのことがわかりますが、初見だととっかかりがわからなくてムダに時間くったりするわけです。なので今回は金にモノを言わせて下のビデオを買いました。

www.udemy.com

このビデオは24,800円もするんですけど、xcodeの使い方とか基本的なことがとてもよくまとまっていて、とっかかりを得るにはとても良かったです。24,800円をどう考えるかは人それぞれだと思うのですが、自分的には、まあ、妥当かなあって感じでした。

2倍速再生の機能がお気に入りで、アプリ自体は朝活だけで作ったんですけど、最初のころは早起きしてひたすら見てました。あと寝る前とかも。最近は学ぶ意欲さえあればこーゆー使ってどんどんできるので本当にいい時代になったなあって思います。

swift ( ・∀・)イイ!!

この顔文字を死顔文字なのかもしれませんがswift( ・∀・)イイ!!です。自分としてはobjective-cの独特な書き方がとても苦手で。今までiOS開発しようと思うと、xcodeの感じとobjective-cの両方いっぺん慣れる必要があったのでそのへんが辛かった。swiftになったことでその辺がいっきに解消されてやっと手を出す気になれました。ありがとうswift

まだまだ発展途上の言語なのでバージョンによる差が激しいのが難点かなって思ったことがボクにもありましたが、xcodeさんがいい感じ補完してくれるのであまり苦にならなかったです。

appleの審査が意外と早かった

最近早いみたいですね。レビューに出すとだいたいその日の深夜に動きがあり、翌朝にそれを見て対応するという感じでけっこうテンポよく進みました。ただ審査自体は初めてということもありけっこう手こずりました。iTunes Connetの使い方わかってなかったり。

まとめ

iOS開発を習得できたのでよかったです!ずっとWeb開発しかやってこなかったので楽しいし世界が広がった気がしました。やってみたらけっこう簡単だったしもっと早くやればよかった。

iPhoneアプリで開発 / 本番で設定ファイルを分ける

最近ついに重い腰をあげてiPhoneアプリ開発を始めました。XcodeまわりがWeb系と大きく違うのでしょっちゅうはまりながらも頑張ってます。

しょっぱな気になったのが開発と本番での設定の分離方法です。APIのURLとKEYとかFacebookアプリのIDとかね。Railsだとdevelopment.ymlとprodcution.ymlとかで分けて書くことができますがiOSだとどうやるんだべって話です。

iOS開発のenvironment(development, production)設定 - Qiita

ここを参考にさせてもらったのですがちょっと端折られてて初学者だとそもそもXcodeのボタン配置とかでけっこう戸惑ったのでまとめておきます。

Build Configuration作成

既存の設定をコピーする形で新しい設定を作ります。最初から「Debug」「Rlease」があります。+ボタンを押して以下の通り作成します。

  • 「Duplicate Debug Configuration」→「Dev-Debug」
  • 「Duplicate Release Configuration」→「AdHoc」

Dev-Debugがシミュレーター用、AdHocが実機配布用だと思います。たぶん。

f:id:eiei19:20160412092555p:plain

info.plist作成

既存のInfo.plistをコピーしてDev-Info.plistみたいなのを作っておきます。これが開発用の設定ファイルになります。で、これをさっき作った「Dev-Debug」「AdHoc」の2つの設定が見に行くようにします。

f:id:eiei19:20160412093455p:plain

スキーム作成

画像の赤線を引いたとこ -> Manage Schmes で設定画面を開きます。

f:id:eiei19:20160412093812p:plain

Build Configuration 以下の用に変更します。

  • 「Run」⇒「Dev-Debug」
  • 「Test」⇒「Dev-Debug」
  • 「Profile」⇒「AdHoc」
  • 「Analyze」⇒「Dev-Debug」
  • 「Archive」⇒「AdHoc」

f:id:eiei19:20160412094223p:plain

終了

以上で終了です。AdhocにはProvisioning Profileとかいうのを設定しないといけないっぽいけどよくわからないので必要な時がきたらまた調べようと思います。とりあえずシミュレーターでやるならこれでOKでした。

アノトキノヤフーニュースというサービスをリリースしてました

アノトキノヤフーニュースというサービスをリリースしてました。まあ、とりあえずサイトを見てください。

eiei19.herokuapp.com

見てもらえればなんとなく想像つくと思うんですけど、ヤフーニュースのアーカイブサービスです。ヤフーニューストピックに上がってきた記事を定期的にクローリングしてストックしてます。で、記事のタイトルを形態素解析して、単語の出現頻度を週ごとでまとめて「アノトキ」にどんなニュースが注目されていたのかをわかりやすくしてみました。3月の頭にリリースしたのでまだデータが少ないですが自分で見る分にはけっこう面白いです。

なんで作ったか

自分はアプリじゃなくてWebで毎日ヤフーニュース見てるんですが、ヤフーニュースってそのとき注目されてることがわかりやすく反映されてると思うんですよね。しかも自分たちのようなIT畑の人たちじゃなくてそれ以外の人たちの注目。なので世間でどんなニュースが注目されたのかをパッ振り替えたら面白いかなと思って作ってみました。

例えば、3/6週の再頻出の言葉は「自殺」ですが、これがなんの事件を指しているのか分かりますかね。これは中3男子が内申書の間違いをきっかけに自殺した事件からきている「自殺」です。個人的な注目度はあまり高くなかったんですが、「アノトキノヤフーニュース」を見て世間的には注目されていたことに気が付きました。他にも3/6週は個人的にはおもしろくて、3.11週ということで「震災」はもちろん多かったんですが、思っていたほどじゃなくて、やっぱり時間とともに少しずつ風化してきたのかなあと思ったりもしました。

技術的な構成

せっかくなので書いておきます。データの流れ的にはこんな感じです。

yahoo news -> scrapy cloud -> AWS S3 -> Rails(heroku)

scrapyっていうクローラー簡単につくれーる的なpythonフレームワークがあります。これは単体でもすごいイケてるのですがなんと一緒にホスティングまでやってます。そんなにヘビーな使い方をしなければ無料で使えるし最高っす。あとはお決まりの構成というか、取ってきたデータをS3にJSONであげておいて、それをherokuにホスティングしてあるRailsからバッチでとりにいってます。

heroku側でちょっと工夫したのはMoutable Engineを使ってサブディレクトリ風に使ってること。herokuのサブドメインgithubのIDと同じにしてちょっとしたセルフブランディング(笑)をしてます。こうしておくとセルフブランディング(笑)に加えて、他のお遊びサービス作ってherokuの無料枠じゃ厳しくなってきたときに1アプリ分の課金で複数アプリをまかなえるのでいいかなって思ってそうしました。まあ、そんな風になるのかは知りませんがw

今後

日付ジャンプ機能は最低して実装しようと思ってます。あとは、

f:id:eiei19:20160328122308j:plain

ノープランだ!何かアイディアあれば@eiei19までw。一年とかデータが貯まっときに振り返るのが今から楽しみです。

ぼくがiPhone SEではなくiPhone 6sに機種変した理由

f:id:eiei19:20160328094648p:plain

2年とちょっと使ったiPhone 5sからiPhone 6sに機種変しました。けっこう迷ったんですけどSEではなく6sを選択した理由を書いてみます。同じように5s以前のモデルからどちらに変えようか迷ってる人の参考になればと!

画面のキレイさ

妻がiPhone 6を使っているのですが、RetinaHDのあのキレイさを見てしまうと正直ただのRetinaがしょぼく見えます。これは単純に画面の大きさがどうこうって問題じゃなくて画面を見ているときの気持ちよさがぜんぜん違う。4sで初めてRetinaが搭載されたときはすげーなって思いましたけど良いものが出てくると陳腐化してしまいますね。

新しいものを買ったという喜びが得られなそう

ローズゴールドが追加になったとはいえそれ以外の色を選んでしまうとパッと見はほとんどまんま5sなわけですよ。それなりに高いお金を払うわけですので、新しいガジェットを手に入れたという実感がほしかったです。まあ、素材が変わったり、カメラがキレイなったり、CPUがパワーアップしたりしてるので変化は体感できるのかもしれないですけど正直微妙ですよね。この点はapple的にも失敗だったんじゃないかな。

思ったより安くなかった

SEの噂が出てるとき廉価版4インチiPhoneって感じだったので期待していたのですが思ったより安くなかった。円安のせいなのか16Gモデル399$が52,800円、64Gモデル499$が64,800円ですよ?16Gなんて実質選択肢に入らないわけで64G買って消費税込みで69,984円です。6sの64Gは税込み106,704円ですから差額が36,720円。この差額と上2つの理由を比べたときにぼくはお金じゃなくて体験のほうを選びました。

余談

今回の機種変はソフトバンクの解約月が今月だったのでこのタイミングでした。ソフトバンク => iij mio。妻もちょっと前にiij mioに移転してたのでこれで家族格安SIM運用になりましたが圧倒的なコストの圧縮になりました。不便もぜんぜんないし大手キャリアは実質0円どうこうとかでワヤワヤやって場合じゃなくて、本気でいろいろ考えていかないと将来マジでヤバイんじゃないかな。