海外でスマホ(iPhone)の盗難にあって海外旅行保険が適用された話

この前新婚旅行に行ってきまして。

アイスランドとコペンハーゲンの旅(コペンハーゲン編)

アイスランドとコペンハーゲンの旅(アイスランド編)

旅行自体は、まあ、特に大きなトラブルもなく楽しめたんですけど、帰国する直前に妻がスマホ(iPhone6)をスられるという事件が起きました。海外でスマホをスられるもなかなかいないと思いますし、今回は運良く海外旅行保険も適用されることになったので顛末をまとめてみます。

気がつくまで

帰国する日、あとは帰るだけってなって空港に着いたときにスマホがないことに気が付きました。妻いわく、最後にスマホをいじったのがホテルらしかったのですが、コペンハーゲンはホテルから空港までがとても近くて電車で30分くらいだし、その間にいじった記憶もないということなので、あれ?これもしかしてスられた?という感じに。とはいえ、まあ、人を疑うのもよくないのでとりあえず頑張って探したのですが見つからず。

気がついてまずやったこと

最後に見たのがホテルということ速攻でホテルに電話して思い当たるところを探してもらったのですが見つかりませんでした。次に空港のネットを利用してiPhoneを探すを起動しましたが探知できず。

ホテルにもない、iPhoneを探すでも探知できないということで見つけるのは一旦諦め色々と防御策を講じ始めます。

まずは回線を停止しました。うちはIIJ mio + sim free iphone で運用してるのですが、iijはネットでデータ通信の利用停止手続きができるのでそれをやりました。電話回線(通話)はコールセンターに連絡しないと停止できないのですが、海外からの通話は1ヶ月2万円に制限されているので、これで青天井に悪用されることは防げました。

次に万が一iPhoneのパスコード突破されたことを考えて各種パスワード変更です。gmail, yahoo mail, apple id,などなど思いつくもののパスワードが片っ端から変えておきました。搭乗時間が迫っていてこのへんでタイムアップだったのですが、まあ、我ながらテキパキといろいろやったと思います。

帰国後、新しいスマホゲット&データを戻す

現代人はスマホに依存して生きています。一刻も早くスマホを手に入れないと死んでしまうので次の日に速攻で買いに行きました。この時点では保険が適用されることは決定していなかったのですがスマホ依存症なので耐え切れずに買いに行きます。simカードも新しく発行して貰えるので無問題です。機種は同じiPhone6にしてました。妻は運良くちょっと前のバックアップデータがPCにあったのでそれを戻してあげました。これでほぼほぼ元通りです。

海外旅行保険の申請

うちの妻は心配症なので海外に行くときは必ず海外旅行保険に入るらしく今回も入ってました。これ。

www.sjnk.co.jp

保険の内容を確認すると紛失には保険は適用されず、盗難の場合は適用されるとのこと。今回の場合はスられたんですけど、フライトが迫っていたこともあり何にも証明するものがありません。ですが、事情を説明しつつダメ元で申請したところなんと保険適用となりました。ありがとう損保ジャパンさん!!妻の場合は買ってから日が浅いということもあり、経年劣化による価値低下もあまりなく、買った当時のほぼほぼ全額がもらえることに。支払いまでの期間もすぐだったし損保ジャパンネ申すぎる。

提出した書類としては、保険会社が送ってきた申請書、購入した日付、金額を証明できるもの(今回はアップルストアからメールの写し)くらいでした。今回はフライトが迫っていたという事情があったので盗難証明書とかは免除してもらえたんですけど本来は必要らしいです。こんなんぶっちゃけ言ったもん勝ちなのでアレだと思うんですが、信じてくれて保険適用してくれた損保ジャパンさんありがとう。妻はずっと損保ジャパンの海外保険使ってて今回が初めての申請だったのでそういう履歴も信頼性を上げたのかもしれません。あんまり申請が多い人とかは調査が入ることもあるらしいです。

滞在中に撮った写真も戻ってきた

保険も適用されたし、これで金銭的なダメージはほぼゼロにすることができました。ただ一つだけ戻ってこないものがあります。それは思い出です。とか言ってみるんですけど、PCのバックアップはもちろん旅行に行く前のモノなわけで、まあ、滞在中に撮った写真は戻ってこない。と、思ってたらiCloudへのバックアップ設定をONにしていたらしく全部クラウド上に保存されてました。これは設定した覚えないらしいので完全なるラッキーゴールです。

まとめ

保険適用で金銭面ノーダメージ、iCloudで思い出面ノーダメージ、という結果的には大勝利、保険+iCloudこれでスマホはプロテクトできることがわかりましたwとは言え当初はすごいにあせりましたし、写真も戻ってこないと思っていたので妻はめちゃくちゃ凹んでましたし、旅にいらない思い出の1ページを加えることになってしまうのでこれから海外行く人は気をつけてくださいw

Smart Communication Award 2016で発表してきました、反省点とか

これ。

twilio.kddi-web.com

電話APIであるところのTwilioのビジコンなんですけど、なんと優勝するとシリコンバレーに連れて行ってもらえるという非常に魅力的なコンテスト。自分は(たぶん)日本屈指のTwilioユーザですし、会社で作ってるサービスでもTwilioをかなり使い倒してるのでコレは出るしかないと思ってエントリーしました。1次は書類審査だったんですけど、会社でいっぱいお布施していることもあって華麗に通過して本戦でプレゼンしてきました。結果としては普通に無冠でしたwお布施の効果でもしかしたら何かちょっとくらい賞を貰えるじゃないかと思ってたのですがそんなに甘くなかったですね。

こういうビジコン出るの実は初めてだったんですけど以下反省点。

  • 開催元(今回はTwilio)の思想を汲んだプレゼンにする
  • 審査員のバックグラウンドを考慮する
  • 難しい話しないで将来性をアピールする
  • 画面のサイズとかちゃんと見ておく

なんというか非常にマジメな発表をしてしまったなと。最近ぜんぜんプレゼンの機会とかなかったしたまには話す機会作らんといかんなあと思いますた。プレゼンしたの前の会社の新人研修のとき以来かもwまあ、賞はとれなかったですがフランス料理のシェフ的な人がケータリングしてくれる料理はおいしかったしノベルティも豪華だったのでよかったです。また来年も出たい。

ちなみに最優秀賞はこれ。テレビ電話によるペットの健康相談サービス「ぺっとぼーど」。優勝賞はNinjaLockと@kimihom (id:cevid_cpp)君がつくった電話SDKでした。いいよなー。

ZOZO TOWNの返品がスムーズで素晴らしかった

f:id:eiei19:20160316101424p:plain

最近服の購入をだんだんネット(主にZOZO TOWN)に移行してます。最初はパンツとかインナー系の失敗してもダイジョブそうなモノから始まって、最近ではシャツやニットなんかも買ってます。ネットで服を買うときの最大の心配は届いてみたら思っていた感じと違ったとか、サイズが合わなかったとかいうことだと思います。今回のやつがまさにそうで、春に着るアウター的ヤツを買ったのですが素材の感じとかが思っていたのと違ってたので返品することにしました。良く見ろよ。

返品の手順は、

  1. ログインして返品の手続きをする
  2. メールが届くので書いてる住所に送る(しかも着払いでOK!)

ってって感じで、ほぼそっと箱を閉じて返送するだけなのですごい簡単。運送会社はヤマト限定なんですけど、うちは幸いにして家の隣がヤマトの集配所なので仕事に行く前にサクッとだして終了でした。着払いなので一時的な持ち出しも0円。あとはZOZO側に着いたのが確認できたらクレジットカードに返金されるそうです。滑らかですね。まあ、最近のECはサービス合戦でこのくらい当たり前な雰囲気になってしまってますが実はこれはとてもすごいことですよ奥さん。


よくよく見てみると返品とかが無料なのは有料会員だけっぽいですね。

zozo.jp

自分はなぜかプラチナム会員っていうのの無料利用期間になってたので今回は無料で返品できました。ただ、いつ入ったのかまったく覚えがなくて、これは無料期間が終わったら勝手に有料にしちゃう商法なんじゃないかと思ってちょっと不信感やで。

とはいえ、内容見ると送料無料&返品無料が月350円なので月に1回以上買うなら全然入っておいていいかなって感じっすね。常態的に入ってなくても買うときだけ入ってもよさそう。ZOZO TOWNは社長がアレで世間を賑わせていますがサービスはとても良いですね!今回の返品の気持ちよさを知ってこれからもっとZOZOで買ってしまいそうです。

RailsプロジェクトをHeroku、MySQL(clearDB)始めるときの手順

いっつも忘れるので書いておく。備忘録的な。

プロジェクト作成

$ rails new project_name
$ cd project_name

とりあえず最初に入れるGem

source 'https://rubygems.org'
gem 'rails', '4.2.0'
gem 'mysql2'
gem 'sqlite3'
gem 'sass-rails', '~> 5.0'
gem 'uglifier', '>= 1.3.0'
gem 'coffee-rails', '~> 4.1.0'
gem 'jquery-rails'
gem 'turbolinks'
gem 'jbuilder', '~> 2.0'
gem 'sdoc', '~> 0.4.0', group: :doc
gem 'spring'
gem 'haml-rails'
gem 'rails_12factor', group: :production
gem 'exception_notification', :github => 'smartinez87/exception_notification'
gem 'slack-notifier'

group :development, :test do
  gem 'dotenv-rails'
  gem 'pry-rails'
  gem 'pry-byebug'
  gem 'pry-doc'
  gem 'erb2haml'
  gem 'quiet_assets'
end
$ bundle install --path vendor/bundle

初期設定

database.yml

default: &default
  adapter: mysql2
  encoding: utf8
  pool: 5
  username: root
  password:
  host: localhost

development:
  <<: *default
  database: project_name_development

test:
  <<: *default
  database: project_name_test

.ruby-version

2.x.x

application.rb

require File.expand_path('../boot', __FILE__)
require 'rails/all'
Bundler.require(*Rails.groups)

module ProjectName
  class Application < Rails::Application
    config.time_zone = 'Tokyo'
    config.active_record.default_timezone = :local
    config.active_record.raise_in_transactional_callbacks = true
    config.serve_static_assets = true
  end
end

secrets.yml

development:
  secret_key_base: <%= ENV["SECRET_KEY_BASE"] %>

test:
  secret_key_base: <%= ENV["SECRET_KEY_BASE"] %>

production:
  secret_key_base: <%= ENV["SECRET_KEY_BASE"] %>

.env

SECRET_KEY_BASE=xxx

githubに上げる

.gitignore

/.bundle
/vendor/bundle
/vendor/bundler/
/db/*.sqlite3
/db/*.sqlite3-journal
/log/*.log
/tmp
/uploads/tmp/
/config/settings.local.yml
/config/settings/*.local.yml
/config/environments/*.local.yml
/config/database.yml

.env
.envrc
.pryrc
.DS_Store

config/settings.local.yml
config/settings/*.local.yml
config/environments/*.local.yml
$ git init
$ git add .
$ git commit -m "first commit"
$ git remote add origin git@github.com:eiei19/project_name.git
$ git push -u origin master

herokuの設定

以下、コンパネから。

  1. アプリ作る
  2. githubと連携する
  3. clearDBアドオン

最後にDB設定。 以下コマンド。mysql2://xxxxxはClearDBのschema違い。 初回デプロイの場合は最初の一行はいらない。 ここまではすればdeployできる。

$ heroku addons:destroy heroku-postgresql -a project_name
$ heroku config:set DATABASE_URL='mysql2://xxxxx' -a project_name

アイスランドとコペンハーゲンの旅(コペンハーゲン編)

アイスランド編からの続き。

滞在期間は1.5日くらいだったのですが行ったとこをまとめました。美術館とかあんまり興味なかったのでお店や飲食店が中心。

空港からダウンタウン

f:id:eiei19:20160220145933j:plain

コペンハーゲンは空港からダウンタウンまでが近くて電車で15分くらいです。

コペンハーゲンの電車のシステムはゾーン制とかいう訳の分からないシステムなのですが、2、3日の滞在で郊外に行かないのならとりあえず1day passか3days passってやつを買って置けばおkです。券売機のtouristってやつを選べば買えます。1dayは80dkk、3daysは200dkkでした。1dkkが18円くらいのレートだったので1,500円〜4,000円のレンジです。券売機はもちろんクレジットカードも使えます。北欧はホントにカード社会ですね。

デンマークはチャリンコ社会らしくて電車にチャリを載せて移動します。

Irma(イヤマ)

irma

f:id:eiei19:20160220145345j:plain

デンマークの老舗有名スーパー(らしい)です。イヤマちゃんという女の子のマークで有名(らしい)。コペンハーゲンのいたるところにあってシャレオツなパッケージのお菓子とかが買えます。お土産をけっこうここでゲットしました。

カフェ

Estate Coffee

The estate coffee - TripAdvisor

f:id:eiei19:20160220145430j:plain

セントラルステーションからすぐのカフェ。アイスランドでもそうだったのですが北欧のコーヒーは酸っぱいと思いました。北欧の人は酸っぱいのが好みなのかな。自分はコーヒーは苦いのが好きなのであんまり口に合わなかったです。カプチーノとかにすると酸味がいい具合に中和されて良かった。

Europe1989

Cafe Europa – TripAdvisor

f:id:eiei19:20160220145824j:plain

コペンハーゲンのメイン通り、ロイヤルコペンハーゲンの近くにあるカフェ。ここではコーヒーは飲まずにヨーグルトっぽい何か(名前不明)を食べました。伝統メニューらしいし美味しいのでオススメ。

レストラン

コペンハーゲンの外食はかなり高いです。夜飯はファーストフード以外のとこだと2人で5,000円〜10,000円はかかるのを覚悟。

City Kroen

City Kroen - TripAdvisor

f:id:eiei19:20160217215721j:plain

1日目の夜に。まだ感じがつかめてなかったのでよくわからず注文。ビールとオープンサンド、デンマーク風ハンバーグを注文。遅い時間だったからなのか客は自分たちしかいなかったです。味はまずまずって感じでした。店がけっこう汚くてちっこいゴキブリみたいな虫がw北欧にもゴキブリいるんだな。

Slotskælderen hos Gitte Kik

Slotskælderen hos Gitte Kik

f:id:eiei19:20160220150303j:plain

2日目の昼にいったオープンサンドのお店。老舗らしく地元の人がいっぱいいました。お皿が全部ロイヤルコペンハーゲンなのでリッチな気分になれます。オープンサンドのメニュー表はなくて、テーブルに色んな種類のサンドがディスプレイされてて、その中から食べたいのを注文するっていう変わったスタイルでした。味は老舗だけあって美味しかった!

Bar Mikkeller

Mikkeller

f:id:eiei19:20160220150404j:plain

ミッケラーさんっていう人がオーナーのビールバー。地元人っぽい人たちで賑わってました。ビールはいっぱい600円くらいから飲めるのでお手頃。グラスとかね、デザインがオシャレなんすよ、ビールのくせに。北欧、物価は高かったけどなぜかビールは日本と変わらない感じだった。税金の関係かな。

Cafe Gammeltorv

Cafe Gammeltorv - TripAdvisor

f:id:eiei19:20160220150909j:plain

2日目の夜に。当初いこうと思って調べておいたレストランが満席で入れず街をさまよってエイヤ!って入った店。これが結果的に大当たりでスゴイおしかった。特に写真のデンマーク風ビーフストロガノフが最高。ビーフが薄い肉じゃなくてステーキみたいな肉が入ってる。デンマーク風ミートボールも食べれたし最後の夜に満足な食事ができました。

お店

ロイヤルコペンハーゲン

f:id:eiei19:20160220151644j:plain

コペンハーゲンと言えばロイヤルコペンハーゲン?有名な食器店ですね。特に好きとかではないんですが、まあ、行きました。食器類は高くてもちろん手がでないので紅茶だけ買った。それでも高い。紅茶はパッケージがいい感じに高級感を主張してるのでリッチっぽいお土産を買いたい時にオススメ。

LEGO SHOP

f:id:eiei19:20160220151733j:plain

海外の観光地に行くと必ずあるような気がするLEGO SHOP。本社はデンマークなんですね。ここも、まあ、ついでに行ったという感じです。コペンハーゲン店だけのものか知らないですけど自分でパーツでLEGO人形を作って買えました。作ったのが写真のやつ。3体作れるんですけど来てるのは2人なわけで微妙な数。3体目はまだ見ぬ子どもということで。こんな感じで作ると子どもが出来るとかいう願掛けスポットにしたらいいんじゃないかなw

その他

コペンハーゲン中央図書館

f:id:eiei19:20160220151923j:plain

図書館なんですけどいちいちオシャレ!蔵書もアートっぽいのが多くてオシャレ!座れるところいっぱいあるしフリーのwifiも飛んでるのでちょっとした休憩にも使えます。カフェも併設されてます。

クリスチャニア

f:id:eiei19:20160220154134j:plain

クリスチャニア (デンマーク語: Christiania) は、デンマークの首都コペンハーゲンにある、850人の住人と34ヘクタールの土地をもつ地区である。自治を自称する。1971年に軍の所有地に建国されて以来、たびたび論争の中心となってきた。この地区内では、2004年まで大麻が合法であった。

地区内はなぜか固く撮影禁止なので写真はないんですが普通にマリファナ売ってるしやべー雰囲気がプンプンしました。あとなんとなくレゲエ?レゲエを崇拝してるような感じがしました。まあとにかく異様な雰囲気で、金田一少年の事件簿で道に迷った末にたどり着く呪われた村みたいな雰囲気でしたw

市場的な施設的な何か

Torvehallerne KBH

f:id:eiei19:20160220152411j:plain

Nørreportという駅の近くにある市場っぽい雰囲気を醸し出す施設です。おれは北欧にいるんだぜという気持ちにさせてくれます。売ってるものとかで。Mikkeller BARのお店が出ていてビールを買えます。ラベルがイケてるので見てて楽しいです

f:id:eiei19:20160220152515j:plain

あと、この近くにFlying Tiger Copenhagenっていう日本にも進出してる雑貨屋があります。Flying Tigerは物価が高いコペンハーゲンの中では、まあまだ許せる、という値段でいろいろ買えるのでバラ撒き用にお土産を買うのに最高です。自分はここでバラ撒き用のカワイイ風なアイテムをいっぱい仕入れました。irmaもあったのでここでいっきにお土産買った。

まとめ

時間とれたのが到着した日の夜、次の日まる一日、帰る日の午前と短かったんですけど街も小さいしいろいろ見て回るにはそれで十分でした。郊外とか美術館とかもっとじっくり見る場合でも2、3日あれば十分すぎるという街のサイズ感かなと。

ちょっとガッカリだったのが「街並み」はキレイだけど「街」自体は汚いこと。いたるところに落書きあるしタバコのポイ捨てがヒドかった。明け方の渋谷レベル。いつだか行ったロンドンもそうだったんですけどヨーロッパの街は引きで見ておくのがいいかもですねw

アイスランドコペンハーゲンもアジア人はほとんどいないのでどこに行っても浮きましたwでもたまに聞く差別的なこと言われたとかされたとかはなかったのでいい街だったと思います。以上、終わり。

アイスランドとコペンハーゲンの旅(アイスランド編)

いきなり1ヶ月くらい更新してませんでしたわ。

というわけで、新婚旅行でアイスランドにきてて。この記事はアイスランドの空港で書いてます。どこでもネットがつながるのでぜんぜんデジタル・デトックスできない!

アイスランドとか行く人あんまりいないだろうから記事にしておく!

1日目: 全編移動、成田 -> コペンハーゲン -> レイキャビク

地図見ればわかると思うですけどアイスランド、めちゃくちゃ遠いです。直行便はないっぽくてヨーロッパのどっかを経由します。今回はデンマークコペンハーゲンを経由するルート。

成田(日本: 12:30)

コペンハーゲン(現地: 16:05、日本: 00:05)

---乗り換え---

コペンハーゲン(現地: 20:10、日本: 04:10)

レイキャビク(現地: 22:20、日本: 07:20)

昼に出て次の日の朝に着く。ヤバイ遠い。空港はこじんまりとしていて人気のない感じ。

空港から街まではFlybusっていうバスで出ててます。バスターミナルまでの無印と市内の各ホテルまで行ってくれるplusがあるのでこれを使うとよろしいです。今回はパックだったから自分ではやらんかったけどサイトから予約できるっぽい。回ってるくれるホテルのリストもあるので自分でホテルとるときはこの中から選んでおくと良いかと。

現地は夜だし疲労困憊だしで1日目は寝るだけで終了。

2日目: ブルーラグーン

アイスランドと言えばブルーラグーン。自分が温泉好きなので今回の主目的はここに来ることでした。

Flybusと同じ会社(Reykjavik Excursions)がツアーを出してるのでそれを使うと良いと思います。他のとこ調べてないけどたぶんほぼ一択だと思われ。ホテルまでの送迎 + ブルーラグーン往復 + ブルーラグーンのチケット付きでお得。言われたとおりホイホイ行けばいいので気楽です。

ブルーラグーンは地熱発電所のついでにつくった人工温泉施設的なやつっぽいですね。入場料がクソ高いです。ミニマムで49ユーロ。

中のシステムは日本のスーパー銭湯だと思っておけばOKです。IC付きリストバンドでロッカーの開閉と中での飲食をやっておいて後で精算するアレです。ヨーロッパに来て温泉つかりながら酒飲めるとか最高ですわ。

スマホをいれるこーゆーケースを買って行くとお湯に浸かりながら写真をとれるのでオススメです!ゼッタイ買っていけよ!

お湯の温度は場所によってかなりムラがあるんですけど熱いとこいけば日本の温泉並の温度。味はしょっぱいです。油断してるとプール並に深いとこがあるので注意。帰りはバスが1時間に1本(毎時15分)出てるので好きな時間に帰ります。

3日目: ゴールデン・サークル

アイスランドの有名ドコロがそろったゴールデン・サークルに行きました。ここに行くのもReykjavik Excursionsを使います。お世話になります。

この3つをバスで回る。朝の9時くらいに出発して夕方5時くらいまでのガイド付きツアー。

基本言われたとおりについて行けばいいのですが、最初のシンクヴェトリルだけバスを降りる場所と集合場所が違うという罠がありました。もちろんガイド的な人が説明してたんだろうけど自分たちの英語力じゃぜんぜん聞きとれてなくって普通に置いて行かれましたw

親切なオッサンに助けてもらってバスを呼び戻して事なきを得たのですがめちゃくちゃ焦りました。外国でツアーに参加するときは集合場所と時間はしつこいくらい確認しておいたほうが良いです。ガイドがいる場合はガイドの携帯番号も聞いておくと尚良い。

回った3つの観光地は大自然!!って感じだけど、まあ、普通。

シンクヴェトリル国立公園

プレートがどうのこうの。ブリザードかよってくらい天気がむちゃくちゃ悪かったのとバスに置いてかれたのでそれしか記憶にないです。岩!雪!というアイスランドっぽい風景が見れます。

ゲイシー

間欠泉間欠泉くらい日本にもあるわって感じで特段の感動はなしw

グトルフォス

デッカイ滝です。夏だと滝の間近まで行けるっぽいのですが冬だったので行けず。この風景は日本にはないかな。岩+雪っていうアイスランドっぽい景色指数はマックスに達した。

4日目: コペンハーゲンへ移動

4日はほぼ移動日です。コペンハーゲンへの飛行機が14時とかだったんでホテルの周りのスーパーとかお店を見てカフェでコーヒー飲んで空港へ。前日の夜にホテルの人に予約を頼んでおくと行きと同じFlybusの人がホテルまでピックアップに来てくれます。

アイスランドのスタバ的存在と言われるTe og Kaffi(写真)でお茶をしたのだけどMacドヤリング率がすごかった。

その他、まとめ的な何か

アイスランドは観光地以外の雰囲気は北海道の郊外っぽい感じです。岩と雪、岩と雪、岩と雪。レイキャビクの街も人口が少ないからなのか人がまばらでなんとなくさみしい雰囲気。建物がオシャレだから緩和されてるけど雰囲気的には日本のうらぶれた漁村っぽいですw

あと言っておきたい事としては物価が高い。水が1本350円とかするし、おみやげ屋入っても全部ボッタクリかよくらい高いし気が抜けない。まあこれはヨーロッパ全般そうなのかな。

逆にいいとこはクレジットカード社会なのでどこでもカードが使えるとこ。日本の個人商店みたいなとこでも使えるし。滞在中使えない場所なかったので全部カードで済ませて現地通貨を一度も手にしなかった!ビックリだよ!

旅行者は他のヨーロッパの国からが多いっぽくて日本人というかアジア人はほとんど見かけなかった。白人ばっかなのでアウェイ感がすごかったですw英語はどこでも通じます。

という感じのアイスランド!かの有名なオーロラは滞在が短かかったので天気のタイミングが合わず見えなかった。氷の洞窟も良いらしいでのゴールデン・サークルの代わりにそっちでもよかったかも。ブルーラグーンは超オススメっす!

コペンハーゲン偏に続く

30歳のおっさんがPS4を買ってみた感想

f:id:eiei19:20160120190359j:plain

去年の暮にプレステ4を買いました。スターウォーズのゲームがやりたかったんです。フォースと共にありたかったんです。

いい歳こいたおっさんがゲームとかどうよ?とけっこう悩みもしましたが、結局はたまに自分のへのご褒美も大切だよね!?とゆるふわOLライクに買いました。同じようにPS4を買おうか迷っているおっさんに参考してほしい、そんな気持ちでこの記事を書いてます。

プレイしたソフト

とりあえずPS4を買ってからプレイしたソフトをダーッと並べます。 羅列して愕然としたんだけどけっこうお金使っている。クレジットカードの請求が怖いところですが、30歳といえばもう大人、金なら持っておる。大人って素晴らしい。

ウイニングイレブンは基本プレイ無料版、討鬼伝・極とLIMBOはPS PLUS(後述)の無料プレイでダウンロード。Magickaは日本版が発売されていない完全な洋ゲーです。東京ジャングルはPlayStation Now(これも後述)。 各ソフトの感想を書き出すと長くなるので別記事に分けたいと思います。

Magicka Collection (PC) (輸入版)

Magicka Collection (PC) (輸入版)

ドラゴンボール ゼノバース

ドラゴンボール ゼノバース

LIMBO

LIMBO

TOKYO JUNGLE (トーキョージャングル)

TOKYO JUNGLE (トーキョージャングル)

FPSタイトルが圧倒的に多い

スターウォーズはなんかピュンピュン打ってるだけで一瞬で飽きたので、次のソフトをけっこう頑張って探したんですけどPS4はFPSタイトルが圧倒的に多いですね。次いで多いのがサードパーソン視点のアクションゲームという感じでしょうか。上に書いたMagickaとかヘルダイバーズ(見下ろし型シューティング)、LIMBO(横スクロールアクション)はけっこう変わり種。

PS4のスペックを活かした大作を作ろうと思うとこういう系になるのはわかる気がするんですけど、昔のマリオとかロマサガみたいゲームはないんだなあと。

悪いことは言わない、オンラインメインのFPSはやめておけ

おっさんにはムリですわ。

StarWarsレインボーシックス・シージはストーリーモード的ものがなくてオンライン対戦がメインなんですけど、対戦相手が強すぎてすごいストレス溜まります。そんなところから打ってくんのかよ!?みたいな。これだからデジタルネイティブは怖いです。

我々はおっさんですのでゲームをやれる時間なんて限られています。無限に時間がある若者と張り合っても勝てるわけないのです。おとなしくコツコツやればクリアできるゲームを選びましょう。

ネット対戦の仕組みはよく出来ている

ただ、ネット対戦の仕組み自体はすごいよく出来てるなと思いました。パーティーという概念があってそれを組むとフレンドとボイスチャットしながらマルチプレイできます。気軽に参加!的なネットの募集があったので1回だけ参加したんですけど、なんか恥ずかしくてほとんどしゃべれなかったです。みんな初対面でよくあんなしゃべるよな。

パーティー組まなくても即興パーティーみたいな感じでマルチもできるんですけどたまにゲーム実況者みたいなヤツがいて怖かった。

仕組みがよく出来てることが伝わったかわかんないですけど、とにかくよく出来てます。裏のエンジニアさんの頑張りとかを噛み締めながらマルチプレイしてほしいです。

PS PLUSのフリープレイが意外といい

www.jp.playstation.com

PS PLUSという会員制度があります。PS4でオンラインプレイしようとすると強制的に入らさられるんですけどこれの特典の1つにフリープレイというのがあります。

これは期間限定で何個かのタイトルが無料で配信されて、そのときにダウンロードしておけばずっと遊べるってシステムなんですけど、これで配信されるタイトルが無料にしてはけっこう遊べる。

一覧でいうところのLIMBO討鬼伝がそうなんだけどホントにこれが無料でいいんすか?という感じ。スーファミ世代からするとあり得ない。月会費が500円とかで買うと3,000円とかするタイトルも配信されるのでマルチやるついでについてる特典としてはお得感があって良いです。

おれは感動した!!PlayStation Nowがすごい

www.jp.playstation.com

PlayStation Nowってのがありましてこれがスゴイ。

PS4って下位互換してなくてPS3から前のソフトはできないんですけど、PlayStation Nowの仕組みを使うとそれができます。

これはソフトの動作自体はサーバサイドで行ってその映像だけをストリーミングすることによって違うハードのソフトもプレイできるようにするという、思いついてもやらないだろ的な仕組みで動いてます(たぶん)。時間あたりで料金が発生して、配信してるソフトから選んでプレイします。

やりたいタイトルがあんまりなかったので試しにやってみた(東京ジャングル)だけなんですけどこの仕組みにビビったし感動しました。ゲームのソフトといえばお年玉もってトイザラスに買い行くものですからね。いい時代になったもんです。

まとめ

ダラダラ書きましたが買ってよかったと思ってます。PS4。

今のところハマり過ぎって感じにもなってないですし最近のゲームは良く出来ていて大人でも楽しめます。というか大人向けにつくってるのかな。仕事とかのクセでゲームをやることの意味とか考えだすとダメですね。プレイ時間とか見て「おれはなぜあんなムダな時間を・・・」とかポカリ飲みながら思わないことです。気分転換程度でやるのが良いです。