男の育休取得したので感想と育児について色々

1ヶ月半前くらいに娘が生まれました。

で、まだまだ世間的には珍しいであろう男性が育休を取るという経験をしたので思ったこととか書いておこうと思います。ちなみに今週から復職しております。

育休をとった理由

産後の妻のサポートです。育児というより家事をしてた。

うちは上京した者同士家庭なので実家が近くになくて親のサポートが受けられないので、育児は基本的にすべて自分たちでやらないとダメです。なので、産後のダメージ(人にもよるんだろうけど、うちの妻は3週間くらいあまり動けなかった)から回復するまでの間、買い出し、食事の準備、掃除、洗濯とかの基本家事をやってました。まだ1人目の子どもということで育児自体に対する人員は、正直2人はいらんかなあという感じでした。

あと会社でせっかく推奨してくれてるので取ってみたかった。

育休をとってよかったこと

よかったなあと思ってこと書いていく。

子どもがかわいい

かわ!いい!ただ、あっという間に成長していくので本当に生まれたての期間を近くで見れてよかった。

育児に当事者意識が出る

やっぱり自分でいろいろやることになるので圧倒的当事者意識が芽生える。ただ行き過ぎると育児方針で揉めるのでほどほどにw

精神的不安が和らぐ

第一子の場合は色々わからないので色々不安になります。やれ便秘になっただの、ミルクをあんまり飲まないだの、まあ、いろいろある。そのときに2人で相談できるのはよかった。不安のほとんどは育児あるあるっぽいので、なんやかんや相談して対処していけば大丈夫なのだけど、相談相手いないと若干きつそうと思った。

もちろん育休取らなくても相談には乗れるけど、やっぱり当事者意識感が違う。

妻の実家からの評価がうなぎのぼり

これは家庭によると思いますがうちはそうだった。

育休をとってよくなかったこと

特にないけど強いてあげるなら。

仕事から離脱することになる

うちの会社は育休推奨なのでぜんぜんそんなことなかったけど、社風によってはよく思われなかったりするのかなあと思った。あとそもそもの仕事大好き人間にはツライ。

働くのがイヤになるw

育児と家事しかせず、家からもほとんど出ない生活になるのでどんどんニート化していくw復帰できるか心配だったがなんとか出来た。出来てるかな。

育児休業給付金

※もしかしたら違ってるかもなので良く調べてください

ちゃんと雇用保険に加入していれば「育児休業給付金」というものがもらえます。月給の2/3、上限約28万円まで出る。払ってばっかだともったいなのでここぞばかりに使いましょう。

もちろん多少の減収になりますが、せいぜい数十万のはずです。海外旅行にでも行ったと思いましょう。あと基本家からでないのでお金使わなくなるのであんまり心配しないで大丈夫。

育児で使ってよかったサービス

ネットスーパー各種

家から出たくない!でも食材がない!というときに使いまくりました。これがあればギリ1人でも子育てできるかもって思った。スーパー以外もアマゾンとかで買い物しまくった。

区の助産師派遣サービス

どこでもやってるか知らないですが大田区はやってます。助産師の人が家庭訪問してくれていろいろ話きいてくれる。やっぱりいろいろわからないことや不安なことがあったのいろいろ聞けてよかった。

妻に精神的につらくないか的な質問してて、やっぱ世の奥様方は精神的に参ってしまう人もいるのだなあと思った。たしかにずっと子どもと1on1はうわー!!ってなるかもって思った。

小児救急電話相談

www.mhlw.go.jp

厚生労働省がやってるやつ。なんかやばそう!でもわからん!ってときに使える。専門家に相談できるから安心する。ありがとう厚生労働省

育児環境について

待機児童の問題とかがいっぱい報道されてるので環境が悪いイメージあったけど、上記、区の助産師派遣サービスとか電話相談とかお国がいろいろしてくれてるなあと思った。

あと、大田区は中学生まで医療費無料で、なにそれヤバイって思った。

他にも子ども手当月1万5千円とか、無認可保育園にしか入れなかったら月1万円とかめっちゃ子育てサポートされるやんって思った。

育児は大変か

正直、いまのところぜんぜん大変ではない。昼夜問わず3時間おきくらいに授乳なので眠いけど、大変かといわれるとそうでもない。たぶんもっと動いたりするようになったら大変になる気がしている。

まとめ

まだまだ男の育休取得率は低いらしいですが、環境が許すなら是非取ってみたらよいかと!

こども!かわいい!!